ズワイガニがうますぎる件

ずわい蟹好きの管理人のカニに関するブログ。

うまい蟹|大体、カニときたら身の部分を口に入れることを思い描くが…

大体、カニときたら身の部分を口に入れることを思い描くが、ワタリガニでしたら爪や足の身の他に、盛りだくさんの肩の身やカニミソを味わいますが、とにかく新鮮なメスの卵巣は珍品です。

続きを読む

うまい蟹|昆布を摂取して成長した花咲ガニは、おいしいだしが出るの…

昆布を摂取して成長した花咲ガニは、おいしいだしが出るので、鍋物でいただいても抜群です。花咲ガニは、水揚がとても少なく、北海道の地域以外のカニ販売店では多くの場合見かけません。

続きを読む

うまい蟹|卵を抱えている雌のワタリガニの方が、一般的な雄よりも高…

卵を抱えている雌のワタリガニの方が、一般的な雄よりも高い値段が付きます。胸の身の部位やミソの部分には、雄と雌にあんまり差は感じないのだが、卵は質が良く甘みがあります。

続きを読む

うまい蟹|口に入れると現実的に美味しいワタリガニの時節は、水温が…

口に入れると現実的に美味しいワタリガニの時節は、水温が低くなる12月手前から5月手前までだと伝えられています。このシーズンのメスは特殊に美味なので、お歳暮などのギフトとしても喜ばれます。

続きを読む

うまい蟹|獲ったときは茶色い体の色なのですが、茹でたときに鮮明な…

獲ったときは茶色い体の色なのですが、茹でたときに鮮明な赤になり、咲いている花の色に変化することが根底にあって、名前が花咲ガニになったということです。

続きを読む

うまい蟹|強いて言えば殻は柔らかく、取扱いが簡単なのも喜ばしいポ…

強いて言えば殻は柔らかく、取扱いが簡単なのも喜ばしいポイント。ワタリガニを購入した時には、何はともあれ蒸すか茹でるかして口にしてみましょう。

続きを読む

うまい蟹|茹でられたものを召し上がるときは、我々がボイルを行うよ…

茹でられたものを召し上がるときは、我々がボイルを行うより、湯がかれたものを専門の人が、早急に冷凍にした状態の方が、正真正銘のタラバガニの絶品さを感じるでしょう。

続きを読む

うまい蟹|花咲ガニ、と言うカニは、漁期が短期間で(夏の初めから終…

花咲ガニ、と言うカニは、漁期が短期間で(夏の初めから終わり頃まで)、あえていうなら新鮮な旬の時期だけ限定のスペシャルな蟹ですから、そういえば、食べたことないなどと言う人も多いでしょう。

続きを読む

うまい蟹|ボイル調理された希少な花咲ガニを解凍したものに二杯酢を…

ボイル調理された希少な花咲ガニを解凍したものに二杯酢をつけて食すのがうまいですね。あるいは溶けてから、火をくぐらせていただいてもなんともいえません。

続きを読む

うまい蟹|ワタリガニは、諸々の具材として口に運ぶことが可能なもの…

ワタリガニは、諸々の具材として口に運ぶことが可能なものです。蒸したり、ジューシーな素揚げや各種の鍋も良いですよ。

続きを読む

うまい蟹|ワタリガニは、いろんな料理として口に入れることが出来る…

ワタリガニは、いろんな料理として口に入れることが出来ると言えます。焼き飯に使ったり、揚げたり、あったかい鍋や味噌汁も旨いです。

続きを読む

うまい蟹|うまいズワイガニは11年経つと、どうにかこうにか漁獲で…

うまいズワイガニは11年経つと、どうにかこうにか漁獲できる分量に成長するのです。それを理由に収穫量が少量になり、カニ資源保護の視点に立ち、海域の場所場所に相違した漁業制限が定められていると聞きます。

続きを読む

うまい蟹|主に昆布を食べる花咲ガニは、おいしいだしが出るので、鍋…

主に昆布を食べる花咲ガニは、おいしいだしが出るので、鍋にしても良く合います。このカニの水揚量はあまりにも少ないので、北海道の地域以外の市場にいってもまず出回らないと言えるでしょう。

続きを読む

うまい蟹|脚はといえば短いですが、ワイドなその体には身はしっかり…

脚はといえば短いですが、ワイドなその体には身はしっかり詰まった旬の花咲ガニ、なにしろ食べ応えがあります。特別なカニなので、通販でお取り寄せする時は、それ以外のカニを買うときよりも高価格になるでしょう。

続きを読む

うまい蟹|脚はといえば短いですが、がっちりとした体にぎっしりと身…

脚はといえば短いですが、がっちりとした体にぎっしりと身の詰まっている旬の花咲ガニの満足感は大きいです。希少性の高いカニなので、通販でお取り寄せする折は、花咲ガニではないものを買うときよりも高額になります。

続きを読む